FC2ブログ

明治工芸の粋

 三井記念美術館の「超絶技巧 明治工芸の粋」を観に行った。京都の清水三年坂美術館の村田理如コレクション約1万点から選りすぐった約160点を展示しており、七宝、刺繍絵画、牙彫、金工、自在、刀装具、印籠、漆工、木彫、薩摩等の分野にわたる。
 この展覧会に興味を抱いたのは、昨秋のシンポジウムの記録「岡倉天心生誕150年」(学長ブログ2013年11月1日号)で書いた通り、佐藤道信東京芸大教授のいう、(天心の活躍した)幕末から明治にかけて(1860年~1910年代)、世界はジャポニスム(日本趣味)の時代として、巧まずして日本美が欧米諸国で高く評価され、日本文化の応援団ができていた、とする指摘である。
 幕末の開国開港の舞台は横浜、戦争を経ずに結ばれた交渉条約(1854年の日米和親条約)の締結地であり、5港開港の最大港である。その居留地貿易(貿易取引は狭い居留地内のみ)の最大商品は関東甲信産の生糸であったが、明治の工芸品もその大半が横浜港から輸出された。
 岡倉天心は横浜に生まれ、居留地という「狭い国際社会」で英語と異文化を修得し、東京大学文学部の一期生を経て文部省に入り、やがて美術教育(東京美術学校創設等)と古社寺保存法(1897年)制定の先頭に立ち、世界を見すえて日本美術の振興に尽力した。
 今回の展示にはジャポニスムを喚起した日本美の具体的作品が揃っている(浮世絵を除く)と知り、ぜひにと出かけた。展示図録巻頭の村田理如「明治の工芸に魅せられて」は、およそ次のように述べる。
 260余年の平和がつづいた江戸時代、武家の甲冑、刀剣、刀装具等が美術品化し、金工技術や漆器の装飾技術が磨かれた。その頂点が幕末開港期であり、やがて明治時代に武家社会が崩壊すると、諸大名や豪商に代わり殖産興業を推進する明治政府(農商務省、皇室、宮内省)がパトロンとなった。
 折しも欧米世界は1851年のロンドン万博に始まる「万博の世紀」に入る。幕末の1867年、日本はパリ万博から初参加、明治政府も1873(明治6)年のウィーン万博(の産業館)以来、全国からの出品を奨励し欧米へ輸出、新たな市場を欧米の貴族・富豪らに求めた。ただ、この勢いは約30年で終焉、明治工芸が日本人の目にとまる機会は少なかった。
 展示作品群の残像が消え去らない。七宝の「蝶に竹図四方花瓶」(並河靖氏)、刺繍絵画の「雪中蒼鷹図」(竹内栖鳳)、自在の「蛇」(明珍)、印籠の「風仙図金工印籠」(勝守)、刀装具の「蜻蛉図目貫」(海野勝珉)や「昇龍図鐔」(正阿弥勝義)、木彫の「四王母」(高村光雲)……等々。
 その精緻な技巧と美しさの余韻に、いまも浸っている。 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:加藤 祐三
日本の歴史学者

横浜 市立大学名誉教授

国指定名勝・三渓園(横浜)
園長

・前都留文科大学長
(2010~2014)

・元横浜市立大学長
(1998~2002)

主な著書
「イギリスとアジア」
         (1980年)
「黒船前後の世界」(1985年)
「東アジアの近代」(1985年)
「地球文明の場へ」(1992年)
「幕末外交と開国」(2012年)
蒋豊訳「黒船異変」(2014年)
蒋豊訳「東亜近代史」
         (2015年)

 など

専門
・近代アジア史
・文明史

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
QRコード
QR