横須賀造船所150周年の記念講演

 慶応元(1865)年九月二十七日の鍬入れ式で誕生した横須賀製鉄所は、明治4(1872)年に横須賀造船所と改称された。今年は横須賀造船所150周年にあたり、各種の行事が予定されている。そのトップを切って、5月23日、汐入にあるベイサイドポケットを会場に、横須賀開国史研究会(山本詔一会長)の総会記念講演、鈴木淳(東京大学教授)「横須賀造船所再考」が行われた。
 横須賀開国史研究会は、学術研究会であるとともに会員460人超を有する市民文化団体で、今年で16年目に入る。「開国史基礎講座」、「研究講座」、「古文書を読む会」等々の各種の催しを継続、その稀有な活動と意義に関しては、本ブログ「横須賀開国史講演会」(2014年12月16日)でも取り上げた。
 今回の鈴木さんの講演は、10か月後に刊行の『開国史研究』第十六号に詳しく掲載されるはずであるが、それに先立ち、視聴者の一人として受けた感銘をまとめておきたい。
 演題「横須賀造船所再考」の通り、従来の歴史像を再考しようとするものである。史料コピー等を含めて、A4×5ページの配布物とパワーポイントの放映を併用、諄々とした語り口で、久しぶりに聴く大学の講義のようであった。
 造船・鉄鋼という新技術の導入にお雇い外国人(この場合はフランス人)の力を借りつつ、現場の担い手である技術者・技能者をいかに確保したかという、創設初期の中核的課題を明らかにしていく。
 鈴木さんは、著書『明治の機械工業-その生成と展開』(ミネルヴァ書房 1996年)、『新技術の社会誌』(中央公論新社 1999年 『日本近代』15)、『科学技術政策』(山川出版社 2010年)等で知られる、技術と社会のかかわりに精通する歴史家である。その具体論の一つが今回の演題と見られる。
 個性的な着想を基に、乏しい資料を丹念に読み解き、鋭く分析をすすめる。さすがである。典拠なしの従来の見解、すなわち横須賀造船所の主たる技能者が江戸・東京から転職してきた「渡り職人」とする説を否定し、明治3年に500名強におよんだ造船・鉄工の職人の過半が地元(横須賀町とその周辺)から採用された人たち(農業を兼業)であったと推定した。技術の「伝習」がたえず行われ、明治6年には熟練工である抱職工の約4割が農繁期に欠勤する兼業農家であったと示す史料が存在するからである。
そして、月給を与えられながら欠勤が多かった抱職工の大半は、明治6年中に月給と出勤日に応じた手当を与えられる「等外吏」(最下位ながら正規の官吏)に位置づけられたと述べる。
 この経営改革を担った責任者が肥田浜五郎(1830~1889年)で、彼の履歴と才能を追う。韮崎代官江川太郎左衛門の侍医の子として生まれ、江戸で蘭学を学び、長崎海軍伝習、機関科の将校として技術を学び、咸臨丸の蒸気方(機関長)として渡米(1860年)、病気の勝海舟に代わり、肥田たちが操船を主導したと言われる。メーア島の米海軍工廠等を見学、造船現場を確認した。帰国後、1861(文久元)年、軍艦操練所頭取手伝出役を経て軍艦頭取出役となる。翌年、幕府軍艦として初の蒸気軍艦「千代田形」の蒸気機関を設計、長崎製鉄所に出張して製造、造船技術のトップエリートとして活躍。
 1863(文久3)年、軍艦頭取、海路上洛する徳川家茂の御座舟「翔鶴丸」の船将(艦長)を務めた。翔鶴丸の前身は、アメリカで1857年に製造された外輪蒸気商船「ヤンチー」(揚子)で、1864(元治元年)年に幕府が買い取り、9月、小栗忠順の交渉により横浜停泊中のフランス軍艦乗員の修理を受けた。その作業の誠実さに幕府は強い信頼を寄せ、親密な日仏関係の端緒となる。
 1865(慶応元)年、肥田は横須賀造船所の工作機械を購入のためオランダに派遣され、帰途、レオンス・ヴェルニー(フランス人、のち横須賀造船所首長)と会見、彼に機械を引き継いで帰国。1868(慶応4)年、軍艦頭に昇進、富士山丸艦長となる。維新後は、静岡藩海軍学校頭、1869(明治2)年8月15日民部省出仕、工部少丞、1870(明治3)年、造船頭兼製作頭として横須賀在勤、翌年11月から岩倉使節団理事官として欧米各国を歴訪、岩倉から絶大な信頼を得た。
 帰国後、工部大丞、海軍大丞兼主船頭と進み、1875(明治7)年4月、海軍少将となり、横須賀造船所長、主船(造船)局長を歴任。幕臣(とくに技術官僚)が維新後の明治政府に貢献した役割はつとに知られているが、肥田はそれを代表する人である。
 ついで講演では、1866年に洋務派官僚の左宗棠(陝甘総督)が作った福州船政局造船所(馬尾造船所)との比較分析、とくにフランスからの技術移転の日中比較を行う。ちなみにヴェルニーは、横須賀に来る前に福州で技術指導をしている。
 横須賀造船所では、外来技術(とくに造船、製鉄等)の導入にさいし外国渡航経験者の果たした役割が大きい。鈴木さんが示した表「明治4年12月の横須賀造船所詰技術官」には、31名(造船上師から造船少手まで)の月給、のちの明治5年1月の職名、姓名、本籍、浦賀奉行所との関係、伝習・渡航歴、幕府海軍(慶応4年2月)の階級、榎本艦隊との関連、最終職が詳細に記されている。これによれば咸臨丸等の渡航経験者と浦賀奉行所の与力・同心が多い。
 遡れば、和船技術を洋式帆船や蒸気船に応用した技術の伝統があり、また外国船との応対の経験(発砲交戦を回避するに至る直接の接触や交流)が豊富な浦賀奉行所の存在があり、それが外来技術への強い探究心を掻き立てたことも、横須賀造船所の技術者・技能者に地元出身者が多い要因となろうと述べる。
 外国経験者が多いのは、日米修好通商条約の批准書交換のため1860年に幕府が派遣した遣米使節(咸臨丸はその随行艦)、文久遣欧使節(1862年)、明治の岩倉使節団(1871~73年)等、度々の海外派遣が行われたからである。
 その使節派遣が可能であったのは、最初の日米和親条約(1854年)が発砲交戦を伴わない「交渉条約」で、領土割譲の政治的恨みがなく、賠償金も伴わなかったためである。技術移転の好循環は、国際政治の好環境と無縁ではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:加藤 祐三
日本の歴史学者

横浜 市立大学名誉教授

国指定名勝・三渓園(横浜)
園長

・前都留文科大学長
(2010~2014)

・元横浜市立大学長
(1998~2002)

主な著書
「イギリスとアジア」
         (1980年)
「黒船前後の世界」(1985年)
「東アジアの近代」(1985年)
「地球文明の場へ」(1992年)
「幕末外交と開国」(2012年)
蒋豊訳「黒船異変」(2014年)
蒋豊訳「東亜近代史」
         (2015年)

 など

専門
・近代アジア史
・文明史

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
QRコード
QR