全米オープンの錦織圭

 土曜日は私の大好きな早朝テニスがある。まだ暗い中を三々五々とラケットを手に面々が集まる。最近の日の出は5時15分頃、その20分ほど前からボールが見えるので、5時過ぎには数人が集まる。起床は逆算して4時。
 テニスができる喜び、勝敗より怪我を重ねないことが一番、そのための筋トレは欠かさずにきた。9月6日の土曜日、デング熱予防の虫除けスプレーを噴霧すると、ベンチサイドでは全米オープン、ラオニッチ(カナダ)ついでワウリンカ(スイス)に勝利して4強入りを果たした錦織圭(24歳、世界ランク11位)の活躍ぶりに話題が集まった。
 プロの男子テニス界では、身長178センチの錦織は小柄な方で、対戦相手はいずれも長身、高い打点から繰り出す強烈なサーブは時速240キロ超(最速)で、ワイドに鋭角に切り込む。しかし、サーブだけで試合が決まるわけではない。錦織の粘りのストロークは驚異的で、ピンチをチャンスに替え、相手の疲労と焦りを引き出し、2試合とも4時間超のフルセットの末に勝利した。
 IBM による最近5試合の計測結果では、1ポイントを取るための平均移動距離は錦織が15.88mで、フェデラーの17.28m、ジョコビッチの17.80mより短い。短距離の効率的な移動がボールの予測判断と俊足に結びつけば、疲労を抑え、フルセットを戦える体力になる。
 試合後の取材で「もう勝てない相手はいないと思う」と語り、「有言実行」の態度を示す。昨年末からコーチについたマイケル・チャン(42歳、1989年に17歳で全仏を制覇)の「基本の反復と精神力強化」策も奏功したという。
 錦織が対決する次の準決勝の相手は、世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)である。テニス仲間がてんでに語る。「いくらなんでもジョコビッチには勝てまい…」。「いや相手が苛立って、長期戦に持ち込めれば錦織に勝機あり…」。錦織は「逞しくなり」、178(身長センチ)-68(体重キロ)=110で、プロの平均120より少なく、「しっかりと筋肉がついた証拠」との新説?も示された。
 その翌7日(日曜)未明(日本時間)、ジョコビッチと準決勝が行われ、3:1で錦織が快勝した。攻めと粘りの錦織が、スピードのジョコビッチを圧倒した。万歳!日本人初の決勝進出である。
 決勝戦は2日後の9日(火曜)朝6時(日本時間)からチリッチ(クロアチア)が相手(身長198センチ、体重82キロ)。チリッチは長身を生かした「高い打点」からのサーブとベースラインに近い「前の打点」でのストロークにより、凄まじい勢いで圧倒、3セットとも6:3で連取、ストレート勝ちした。
 錦織は試合後の会見で、負けて残念だが、この楽しい2週間に感謝、「来年また来る」と明るい表情で応じた。彼の強い精神力に感嘆、さらなる飛躍を祈念している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:加藤 祐三
日本の歴史学者

横浜 市立大学名誉教授

国指定名勝・三渓園(横浜)
園長

・前都留文科大学長
(2010~2014)

・元横浜市立大学長
(1998~2002)

主な著書
「イギリスとアジア」
         (1980年)
「黒船前後の世界」(1985年)
「東アジアの近代」(1985年)
「地球文明の場へ」(1992年)
「幕末外交と開国」(2012年)
蒋豊訳「黒船異変」(2014年)
蒋豊訳「東亜近代史」
         (2015年)

 など

専門
・近代アジア史
・文明史

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
QRコード
QR