FC2ブログ

復興小唄「濱自慢」

 三溪園で中秋の名月を愛でる恒例の観月会を開催した。今年は9月21日(金曜)から25日(火曜)までの5日間、日没から午後9時まで、三重塔をはじめ主な建造物等をライトアップし、臨春閣(重要文化財)を舞台に音楽や舞踊が披露された。

 今年の演目は、9月21日(金曜)サックス&ピアノで奏でる日本の唄(シャンティドラゴン)、22日(土曜)雅楽(横浜雅楽会)、23日(日曜、秋分の日)箏曲(アトリエ箏こだま)、24日(月曜、振替休日)日本舞踊(七々扇流)、25日(火曜)薩摩琵琶(錦心流中谷派襄水会)である。ほかに23日(日曜、秋分の日)午後、蓮華院において三溪園ボランティアによる「中秋の一日庵 月待ちの茶会」が開かれた。

 今回初の企画は24日の七々扇流(ななおうぎりゅう)四代目家元・七々扇花瑞王(かずお)さんが率いる日本舞踊、復興小唄「濱自慢」である。徳川御三卿の一つ田安家(たやすけ)に勤めていた狂言師の市山里が、勝海舟から七扇(のち七々扇)の名を受けて流祖となった。

 この企画は公益財団法人三溪園(担当は吉川利一事業課長)、共催 Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2018、音楽 太陽倶楽部レコーディングス、衣装・メイク 葵総合アート企画、写真 キヨフジスタジオ、演出・構成 七々扇流事務所である。

 復興小唄「濱自慢」の作詞は原三溪(本名・富太郎)。慶応四年八月二十三日(1868年10月8日)、岐阜県佐波(現在の岐阜市柳津町)の青木家に生まれ、東京専門学校(現早稲田大学)で学び、横浜の生糸売込商・原善三郎の孫娘・屋寿(やす)と結婚して原姓となり、号を三溪とした(以下、三溪と略称する)。今年は三溪生誕150年である。

 三溪は国指定名勝三溪園(1906年~)の創設者であり、原合名会社を主宰して生糸輸出、地所開発、富岡製糸場等の経営(1902~36年)に当たった実業家であり、茶人であり、書画・漢詩を良くし多数の作品を残した芸術家でもある。彼の収集した数千点に及ぶ日本美術品は海外流出せず、日本各地に現存する。

 1923(大正12)年の関東大震災により、横浜は壊滅的打撃を受けた。絶望的惨状のなかで立ち上がった55歳の三溪は、その後半生をすべて横浜の復興に傾注する。財界、金融界、政界等の総力を結集する横浜市復興会等を結成、その先頭に立つとともに、復興小唄「濱自慢」を作った。明るく繰り返される「横浜よいところじゃ」が打ちひしがれた横浜市民を勇気づける。

 「濱自慢」は春夏秋冬を歌い、四番まである。ちなみに小唄(こうた)とは、端唄(はうた)から出た、粋でさらりとした短い三味線歌曲で、撥(ばち)を使わず爪弾く。震災後には最先端を行く歌曲であった。

 横浜よいところじゃ 太平洋の春霞
 わしが待つ舟 明日着くと 沖の鴎が来て知らす

 横浜よいところじゃ 青葉若葉の街続き
 屏風ヶ浦の朝凪に 富士が目覚めて化粧する

 横浜よいところじゃ 秋の青空時雨もしよが
 濱の男の雄心は 火にも水にも変わりゃせぬ

 横浜よいところじゃ 黄金の港に雪降れば
 白銀載せて積み載せて 千艘万艘の舟が寄る

 三溪が1925年4月、野澤屋呉服店の「濱自慢名士書画展覧会」に出品した掛軸「濱自慢」は残っている(三溪記念館にて9月26日まで展示)が、その音源は長らく不明であった。8、9年前、ようやくレコードが2種類見つかり(外部と三溪園内)、外部で発見されたものに作曲は二代目家元の七々扇小橘(ななおうぎ こきつ)とあった。

 それを今回、花瑞王さんが舞踊に仕立てて、臨春閣で舞う。他の舞と併せて2時間の上演である。「濱自慢」をどのように舞うのか、花瑞王さんから構成と振付の妙をお聞きし、興味津々で待った。七々扇流事務所作成の解説から抜粋する。

 第一部は8つの踊りの最後に「濱自慢」が来る。①「関の小万」(踊りの入門曲で各流派がうけつぐ曲)、②「京の四季」(舞妓たちも踊る曲)、③「胡蝶の舞」(「鏡獅子」の間狂言でお馴染みの曲)、④「舞扇」(清盛の暴威を鶴姫が男舞を踊って後に諫言する)、⑤「黒髪」(嫉妬に身を焦がす幽艶な曲)、⑥「秋の色種」(お座敷で舞う長唄の一曲)、⑦「満月」(夏の夜の浜辺の逢瀬を歌う)、⑧「白扇」(お祝いの曲)。そして「濱自慢」。前半はテープを流し、後半の⑦、⑧、「濱自慢」の3つが生演奏である。

 第二部は7つの踊りの最後を「濱自慢」が飾る。①「菖蒲浴衣」(人気役者の好みの浴衣を宣伝しつつ川の情景を歌う)、②「俄獅子」(お座敷で芸者姿の廓風情を描く粋で華やかな曲)、③「玉兎」(満月の中の兎が餅をつき踊る)、④「団子売り」(夫婦の団子売り、途中でお月さまの童歌が入る)、⑤「扇の的」(平家物語の那須与一を題材にとった長唄の新曲)、⑥「お吉しぐれ」(新内<明鳥>から題材をとった新内調の小唄)、⑦「蝙蝠」(川辺の夕涼みでコウモリの飛ぶを眺める曲)、「濱自慢」。後半の⑥、⑦、「濱自慢」の3つが生演奏である。

 踊りが18名(第一部10名、第二部8名)、演奏は唄4名、三味線3名、笛1名、総勢26名。端唄永野流二代目の永野桃勢さんは伝統芸能の継承に尽力、昨年、横浜市南区蒔田に教室を開いた。また囃子笛の望月太喜若さんは邦楽や舞踊の会、映画、テレビ等で活躍、平成27年、日本民謡協会から女性初の笛師範教授に任命された。

 演奏開始は6時15分。私は臨春閣三屋の縁側前にある大きな踏石の端に座る。そこから真南の丘の上にライトアップされた三重塔が、左前方には臨春閣二屋の舞台が見える。雨の予報に反して、開演とほぼ同時に十五夜の月が丘の左手に姿を現し、徐々に三重塔へと近づいて行く。満月と三重塔と「濱自慢」の共演に魅きこまれた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:加藤 祐三
日本の歴史学者

横浜 市立大学名誉教授

国指定名勝・三渓園(横浜)
園長

・前都留文科大学長
(2010~2014)

・元横浜市立大学長
(1998~2002)

主な著書
「イギリスとアジア」
         (1980年)
「黒船前後の世界」(1985年)
「東アジアの近代」(1985年)
「地球文明の場へ」(1992年)
「幕末外交と開国」(2012年)
蒋豊訳「黒船異変」(2014年)
蒋豊訳「東亜近代史」
         (2015年)

 など

専門
・近代アジア史
・文明史

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
QRコード
QR