FC2ブログ

学生たちの三溪園印象記

 パシフィコ横浜内にあるアメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUCと略称)のブルース・バートン所長を初め、佐藤有理さんほか教職員のみなさんが学生たち35人を引率して来園された。バートンさんとは25年前、彼が所長として来日した折(今回は2回目)にお会いしている(バートンさんの言)。
 IUCについては、本ブログのリンク「都留文科大学学長ブログ」の111号(2013年12月16日)にある通り、2013年に創立50周年を祝った伝統ある上級日本語教育機関で、学生たちは来日前に大学でそれぞれの専門分野と日本語を学び、ここIUCで10カ月間750時間の集中的訓練を受ける。

 来園予定の学生たちには、事前に本ブログのカテゴリ「三溪園」を拾い読みしてほしいとお願いしてあった。さらに本日の印象記や感想文を書いてほしいと頼んだ。吉川利一事業課長の説明の後、3班に分かれ、ボランティア・ガイドの浅沼桂子さん、神保正男さん、吉野直美さんが案内、合掌造りでは酒巻史朗さん、塚本英明さん、藤波富次さんが説明をしてくれた。

 しばらくして佐藤さんが8名分の「三渓園訪問の感想」を送信してくれた。その日本語で書かれた文章がみずみずしい。本ブログへの掲載をお願いすると、すぐ快諾の返事が来た。さっそく紹介したい。

(1) 先週は三渓園を見学させていただきましてありがとうございました。庭園の本当の美しさを反映する写真がきちんと撮れなかったくらい素晴らしい日本庭園でした。三渓園の構内は京都などからの建造物が丁寧に移築され、見事に保存されており、この日本庭園の歴史が深く感じられます。私には強い印象が残っています。その印象の中で一つを言えば、「臨春閣」という別荘にまさに感心せずにはいられませんでした。臨春閣の中の蟻壁には驚くことに和歌が見えます。その発見は古典文学を勉強している私にこの別荘をより楽しませてくれました。三渓園は季節によって庭園の顔が変わるとのことでしたので、今度は秋の盛りにまたお邪魔しようと思っております。重ね重ね、どうもありがとうございました。(エリック・エステバン)

(2) 今回は加藤園長のご招待のおかげで、半日間見学することができた。ガイドの吉野さんの説明を通して、日本伝統建築の巧みさを知り、造園の構想、そして「庭屋一如」という概念を理解できるようになった。それに、園内の古民家、旧東慶寺などの歴史建築に関することを教えてくださって、三渓園は個人的な庭園なだけではなく、地域及び伝統文化を保存するなどの意義も感じられた。(チン・イクネイ)


(3) 先日はお招きいただき、誠にありがとうございました。とても楽しかったです。園内ではさまざまな和風建築が各地から移築されています。伝統的な風景が凝縮されている素敵な日本庭園です。可愛い野良猫は多く、池に鯉も泳いでいます。私はガイドさんと一緒にゆっくり歩いて園内を回りました。ガイドさんはとても優しかったです。大変勉強になりました。(セツ)

(4)三渓園での足跡
私は日本に来た上は東洋風の庭園を鑑賞に行こうと決心したものの、今 まで様々な原因でその希望はまだ叶えてない。それで、およそ二週間前に校外学習として三渓園という選択肢が目に入るが早いか考えるまでもなくそれを選んだ。
それで、昨日はようやく期待していた機会になり、クラスメートと興奮して三渓園を探索した。三渓園に対する印象というのは、どこでも細心に設定されていて「天人合一」という雰囲気である。派手な噴水で修飾されているヨーロッパの園庭に対し、三渓園はそれほど壮大ではなく、全ての建築物が木材と藁でできているので、まるでいつかは崩壊するような華奢なものである。
遊覧している途中で古風な塔や民家のような建築物を見学して色々な勉強になった。例えば、日本の伝統的な美術観によると、居間の天井がどこもより高い、池の水が横に流れるほうがいい、橋がこの世と次の世の繋がりだということである。私はそのように説明してくださって、現在の人より昔の人のほうが遥かに自然に親しんだという印象を受けた。それに、三渓園のそれぞれの部分は日本の時代によって風景が区切られていて、あちこちを歩き回っている間、異時代間の差を実感できた。特に奈良時代と江戸時代の建築を比べて、まるで別々の国のものであるということに驚いた。
最後は、歴史を好む私は恥ずかしいことを告白しなければいけない。昨日の最も貴重な思い出というと、正午の昼寝であった。ツアーが終了した後、やっと他人から離れた時、一人きりで木陰で憩いつつ、美味しいお弁当をゆっくり味わっていた。そのあと、私は横になって池の流れと野鳥の鳴き声を聞いている間に、涼しい秋風を快く感じている自分が寝てしまった。その三十分後、目が覚めて四方に多彩な景色が見えて、最高の雰囲気であった。それで、自分が単なる観光客から庭園の主人になったような気がした。
そのような体験が素晴らしかったので紅葉の頃になったら、またもう一 回昼寝をしに行こうと思う。(ブライアン・リンチ)

(5) アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターの校外学習で「三渓園」に行きました。実は、横浜市の中で、こんなに美しい自然が見えること を知りませんでした。この庭園は非常に広くて、何回も友達と一緒にまたゆっくり見に行きたいと思います。その上、どんな季節でも、景色が変わるのでいつ行っても入場者が楽しめると思います。三渓園を歩きながら、ツアーガイドの説明を聞きました。特に、「旧矢箆原家住宅」の見学をした時に、ツアーガイドの専門的知識は大変印象的でした。とても気に入ったことは、そこで皆が畳の上に 座って、部屋の細かい部分と外の景色を楽しんだ時です。そして、もう一つ印象的なことがありました。それは、三渓園の香りです。例えば、「臨春閣」では、最近、畳替えをしたそうなので、私が大好きな新しい畳の香りがしました。その上、一度、キンモクセイという花の香りもしました。日本では、その花の香りが一番好きだから嬉しかったです。秋の校外学習で、横浜市の特別なところ「三渓園」を発見して、本当に良かったと思います。(バトラー・ジェニファー)

(6) 昨日(2017年10月2日)IUCの学生たちと先生たちと一緒に遠足してきた。朝にセンターの南の方にある「三渓園」という日本庭園に行った。広くて、とても美しかった。花があまり咲いていない季節だったが、私は今年までの5年間、砂漠のような南カリフォルニアに住んでいたので、三渓園の青々としている景色が本当に素敵だと思った 。ボランティア のガイドさんの説明のおかげで、良い勉強になった。三渓園では、原三溪さんという方が日本の色々な場所から伝統的なものや古い建物を集めて、保存するために建て直したということを聞いた。その話を初めて聞いたときは、彼が個人で博物館を作って自分で楽しむという目的で作ったのかなと思っていたが、 園を散歩したり、建物を見たりすると、感謝の気持ちになった 。原三溪さんが日本の大切な歴史や文化などを守るために力を入れてくださったから、現在のセンターの学生のような日本に興味を持っている人々が、日本の文化を経験できると思う。(ルクレア・ジェシカ)


(7)10月2日にセンターのクラスメイトと先生方と横浜の三渓園に行って、ガイドが案内してくださった。ガイドが三渓園の歴史と日本の伝統的な建築物の楽しみ方を教えてくださった。ほかの庭園と違って、三渓園は日本全国から17軒の古い建築物が移築されている。例えば、京都の室町時代の燈明寺というお寺の本堂と三重塔が今三渓園に建っている。そして、江戸時代の旧矢箆原家住宅という合掌造りの家が岐阜県の白川郷から三渓園に移築されている。以前高山市で合掌造りの家は見たことあるが、矢箆原家は裕福な家庭だったため、一般的な農家の家に比べて大きくて高級な建物だと感じた。旧矢箆原家住宅は実際に入れるので、私たちは歩き回り、ガイドが伝統的な日本の建築の面白さを教えてくださった。ガイドによると、最も重要なことは、床の間の前に座って、その高さから家と庭を眺めることだ。日本の建物は床に座るイメージで作られているので、その目の高さから見るのが一番いいらしい。そして、日本の伝統的の建築には木の自然の特徴が貴ばれているので、床の間の柱はよくまっすぐの幹ではなくて、少し曲がっている幹が多いと説明してくださった。歴史も、日本の伝統的な建築にも興味があるので、私にとってとても面白い日だった。また、季節によって庭が変わると聞いたので、他の季節にもう一度三渓園を見てみたいと思う。(デリオン・アレキサンドラ)

(8)加藤園長、先日はどうも有難う御座いました。私は津島裕子の小説で日本庭園の記述を読んでから(樹木がうっそうと茂ってレンガ塀に囲まれて三渓園と全く違うイメージですが)ずっと何度も庭園を訪ねてみたかったです。津島が説明している通り、庭に入ると他の世界に入れます。津島の庭園の世界は野獣や悪い記憶で満ちていて物騒な世界ですが、三渓園の正門をくぐって第一歩から園内のうねっている芝生や古風な建造物を初めて見た瞬間に別の世界に入っていくような感覚です。園内のどこからでも梢の上に突き出ている三重塔が見えるし、建物で履物を脱いで上がって客間で正座をしながら障子の隙間から風景を眺める時、まるで自身全体が江戸時代に生まれ変わったような感じです。原三渓さんが生きている間にも訪問した外国人の方も同じように感じたでしょう。歴史的な建物を庭園に移築し保護するだけでも素晴らしいことですが、和風の雰囲気を作り上げるためにそんなに巧みに配置したことでも原さんの天才が表れていると思います。ぜひ、今度もう一度訪問させていただきたいと思います。(クレイン・ブレンダン)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:加藤 祐三
日本の歴史学者

横浜 市立大学名誉教授

国指定名勝・三渓園(横浜)
園長

・前都留文科大学長
(2010~2014)

・元横浜市立大学長
(1998~2002)

主な著書
「イギリスとアジア」
         (1980年)
「黒船前後の世界」(1985年)
「東アジアの近代」(1985年)
「地球文明の場へ」(1992年)
「幕末外交と開国」(2012年)
蒋豊訳「黒船異変」(2014年)
蒋豊訳「東亜近代史」
         (2015年)

 など

専門
・近代アジア史
・文明史

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
QRコード
QR