シーボルトの日本博物館

 企画展示「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」が、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館(愛称は歴博)で開かれている(7月12日~9月4日)。歴博のホームページによれば、シーボルトが企画したヨーロッパ初の日本展示のイラストを歴博が発見、それに基づき、その日本博物館を再現するという。

 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold,1796.2.17-1866.10.18)はドイツ人の医師で博物学者。ドイツの地方都市ヴュルツブルクで医学者の名門家系に生まれ、ヴュルツブルク大学で医学を専攻、カリキュラムの一部であった化学や植物学のほか、動物学、地理学、民族学にも関心を寄せる。大学卒業後、陸軍軍医となりオランダ植民地のバタヴィア(現インドネシア・ジャカルタ)へ旅立ち、そこから長崎出島のオランダ商館付医師として日本へ派遣された。

 19世紀、2度にわたり日本に滞在(1823~28年、1859~62年)、江戸時代の日本に近代的な医学を伝える一方、日本の自然や生活文化に関わる膨大な資料を収集し、ヨーロッパに持ち帰った。それらが帰国後に『日本 Nippon』(1832-1851)、『日本植物誌 Flora Japonica』(1835-1844)、『日本動物誌 Fauna Japonica』(1833-1850)の三部作に結実し、日本学や生物学に大きく貢献したことはよく知られている。

 今年1月30日の歴博の講演会で、歴博の6年間にわたるシーボルト関係資料6000点の総合的調査(主に2度目の来日時のコレクションを中心としたミュンヘン五大陸博物館(旧ミュンヘン国立民族学博物館)の所蔵品)の成果を知り、今回の「予告」とも言うべき説明を聞いていた。私も3月に公開されるそのデータベース画像(シーボルト収集による約6000点の日本資料)を閲覧したいと本ブログの「2つの講演会」(2016年2月5日掲載)で述べた。

 そして企画展示「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」が始まった。貴重な資料の実物を見たい、示唆を得られるとも考え、8月17日、久しぶりに歴博を訪れた。台風7号の関東直撃が危惧されたが、幸い沿岸から離れて北上し、快晴となった。京成佐倉駅から徒歩約15分、緑に包まれた旧佐倉城址(11万石)のなかに歴博がある。

 展示室の入口でまず目を引く船形漆塗弁当箱(宴会用の酒器と食器の組合せ)をはじめ、鳴滝の家屋模型(ミュンヘン五大陸博物館蔵)、花鳥図衝立(同上)、蛇身弁財天像(同上)、『日本 Nippon』のための原画(ブランデンシュタイン=ツェッペリン家蔵)、伊能特別小図写(西日本)(同上)、シーボルト直筆の展覧会解説(同上)等、300点が並ぶ。

 展示(担当)代表は民博の日高 薫(ひだか かおり)教授で、専門は蒔絵を中心とする漆工芸史、『異国の表象 近世輸出漆器の創造力』(ブリュッケ 2008)等の著書がある。漆器はjapanと言われるように日本の象徴であり、貴重な輸出品でもあった。今回の展示にも多数ある。

 シーボルトは、収集したコレクションをもとに、1度目の日本滞在中の1824(文政7)年、早くも日本をテーマとした博物館展示を熱心に構想しており、帰国後、ライデン、アムステルダム、ヴュルツブルク、ミュンヘンの各都市で日本展を開催した。

 当時のヨーロッパでは、ヨーロッパ以外の地域の民族やその文化への関心が、王侯貴族にとどまらず広範の市民の間にも高まり、近代的な博物館展示や、学問としての「民族学」が胎動しつつあった。シーボルトの展示は、のちの万国博覧会(第1回が1851年のロンドン万博)における日本紹介や、ジャポニズム(日本趣味)よりはるかに早期で、世界初の試みであった。

 シーボルトは日本の文化や社会をどのように観察し、どのような観点に立って収集したか、また「異文化としての日本」をどのように西洋に紹介しようとしたか。それを知る手がかりとして、歴博の総合的調査で見出したシーボルト直筆の展示順序やケースごとのコレクション解説、それに長男アレクサンダーが残したコレクション売却リストもあわせ、死の直前のミュンヘンでの「最後の日本展示」を、歴博で再現して紹介している。

 展示は5章からなるが、主な内容を抜粋しよう。
 (1) シーボルトは、外国人の行動が厳しく制限されていた中で、出島の外に位置する鳴滝(なるたき)に私塾の開設を許され、日本人研究者と交流を図る。そして彼らに最新の医学知識や自然科学を伝授することと交換に、標本や資料のみならず、課題について論文を提出させるなどして、日本の自然や文化に関わる事物や情報の収集を実現させた。
 
 (2) 帰国後は日本紹介を精力的に開始、出版物刊行や日本展示に取り組み、1832年からはライデンのシーボルトの邸宅(ラーペンブルフ19番地・現在のシーボルトハウス)でコレクション公開(シーボルト博物館)も行った。これらは現在のライデン国立民族学博物館のコレクションに受け継がれている。

 (3) 初来日から30年後の1859(安政6)年、2度目の来日を果たしたシーボルトは、帰国後の1862年から1863年にかけてアムステルダム産業振興会館で再び展覧会を開催した。この時の雑誌記事には、仏像や衝立を立体的に展示したイラストが掲載されており、歴博の展示でこれも再現している。

 (4)1864年、シーボルトは生まれ故郷ヴュルツブルクのマックス職業学校にミュンヘンの展示を移設、民族学博物館の設立意志をもっていたバイエルン国王に日本コレクションの有用性を説き、1866年3月、ミュンヘンの王宮公園(ホフガルテン)に面した宮殿内の北部ギャラリー・ホールの使用許可をバイエルン王国の文部省から得て、5月19日、最後の日本展示を開催した。
宮殿の展示では、7室あるギャラリーの3室を日本展示に充て、その他の部屋に中国・インド・東南アジア・アフリカ・オセアニア・先史時代・アメリカなどの展示ケースを配置、現代では一般的になった民族学博物館の枠組みの一部に日本コレクションを位置づけた。

 (5)シーボルトの日本展示は、表向きは当時のヨーロッパの実利的な要請 に応えるものでもあった。ヨーロッパ以外の地域を対象とした博物館展示には、原料やエキゾチックな産業製品を求めて積極的に海外貿易をおこなっていたヨーロッパの国々において、植民地に赴き、あるいは異文化に接触する官僚や商人たちが身に着けるべき知識と教養を示す役割が求められていた。漆工芸に代表される日本伝統の手技の世界や、各種素材を用いて作られたシンプルで美しい日用の道具類などは、その代表である。

 歴博は、結びとして次のように述べる。シーボルトは各民族文化の本質を総合的に比較・理解し、異文化への誤った考え方を是正する学術的な場として民族学博物館を位置づけており、それは近代的な博物館の歴史、民族学研究においてきわめて先見的で現代につながる源流となった、と。

 展示を堪能し炎天下を駅へ向かいつつ、シーボルトの30年をまたぐ2度の来日の間に日本は開国(1854年)と開港(1859年)の大転換を平和裏になしとげたが、それには佐倉藩の藩主・堀田正睦老中も大きな役割を果たしたことを改めて想起した。

 今回のモノの展示(主に第2次来日時の収集品)と著書三部作(いずれも第1次来日時の成果物)をどのように関連づけるか。またシーボルトの2度の来日と、その間の30年の世界史の推移が、還暦を過ぎた彼の学問にどのような成熟をもたらしたか。興味は尽きない。
スポンサーサイト

【15】連載「東南アジア紀行」

 助手の最終年の1972年、国際文化会館の助成金を得て東南アジア・インドへ旅行したことは前述したが、その紀行文を通じて私なりに近代アジアの実像を描いた。『道』誌(世代群評社)連載の「遥かなる道-東南アジア紀行」は、横浜市立大学助教授(現在の准教授)に転任後の1973年11月号から1976年11月号までの約3年間の計15回、それを基にして1冊の本にまとめたのは旅の5年後の1977年である。

 ただ旅の最中から帰国後の約1年間、すなわち助手時代の最後の年に基本的枠組みはできていた。研究課題の拡張は、私自身の史観の赴くままに進め不安もあったが、東洋文化研究所の助手仲間との「雑談」や広島・アウシュビッツ平和行進の体験を無駄にしないようにと、少しずつ方向を定めることができた。

 旅を通じて、その地や人々の生き方を実感すれば文献史料の読み方が変わるにちがいない。歴史学は古今東西森羅万象を包含するが、そのなかで何が大切かを決めるのは個々の歴史家の史観である。この史観は、狭い自分だけの日常を脱し、多様な日常に接することによる着想と、そこに始まる文献調査や史料批判を通じた実証的な叙述のなかで初めて形となると考えた。

 この旅を通じて得た着想に沿って文献調査と実証を重ね、論文集の形ではなく、一般書として届けられればと思った。これが『紀行随想 東洋の近代』(1977年 朝日選書)であり、次の12章からなる。

 「1 香港の農村」、「2 植民地支配の技術」、「3 幕末日本人の対外認識」、「4 ビルマの静寂」、「5 国際商品コメの政治」、「6 <日本意識>と他民族国家」、「7 <アジア>-価値観の分裂」、「8 <東洋>-象徴語としての意味転換」、「9 新興経済における国家資本主義」、「10 国際政治と土着思想」、「11 造化の島-セイロン」、「12 東洋の近代」。

 記述が旅程の順になっているのは、旅の移動をそのまま反映させたからである。話題は大別すると次の3種になる。

 (1) 旅で実見したことを出発点として、その背後にある歴史を考察したもの(1、4、11)、言い換えれば歴史学にフィールドワーク的な方法を導入したもの。冒頭では香港の中心街からバスで1時間ほどの旺角(モンコック)の農村風景を描写、約20年前の中国西北部の土地改革時のイメージを重ねた。4のビルマ(現ミャンマー)では首都ラングーン(現ヤンゴン)の静寂に潜む青年将校の不満と改革へのポテンシャルを描いた。

 (2) 近代日本人の世界観の変化を「新造漢語」を通じて考察したもの(3、6、7、8)。幕末・維新期に外国語(主に英語)の訳語として新たな漢字の組み合わせにより、例えば経済、民主、主義、哲学等々の新造漢語が生まれ、それを通じて対外認識も変わった。
 前から気になっていた「東洋」は、卒業した東洋史学科、助手として勤めた東洋文化研究所に冠されていたが、その語彙の変遷と、関連語「アジア」の意味変遷を追った。

 (3) 種々の分析法を通じてアジア現代史の実像を描こうとしたもの(2、5、9、10)。社会科学でよく使われる概念(植民地、国家資本主義等)を用いて現実分析を試みると、概念と実体とのギャップの大きさに戸惑う。実体を見聞・分析しながら、概念の再構築を図ろうとしたが、これは未完である。

 本書の末尾で、歴史家にとって旅の意味とは何かを述べた。「旅は歴史家の母というのは、古今東西を問わず、あてはまる。短い旅であっても、旅をとおして歴史を考えるということは、現代においても、いな現代においてこそ、いっそう大切だといえるかもしれない。…」

 「文献で知った事柄を、実地に見聞して確かめるという現場検証的なやり方が一つあるが、これはむしろ邪道である。文献史料の教えてくれないこと、語りかけてこないこと、これを掴みとるのが旅の意味であろう。旅は歴史を考えるきっかけを与えてくれる。そこで直感したものを、のちの文献探索が肉付けしてくれる。いいかえれば、旅で直感した主体的な何ものかが、死んでいた史料に新しい生命をふきこむ」

 研究の広がりは進んだものの、助手の身分は安定していなかった。東洋文化研究所は助手(現在の助教)から助教授(現在の准教授)には昇格させない暗黙の了解があり、任期後は学外へ出ることになっている。

 私にも幾つかの大学から誘いがあったが、種々の理由から実現しないでいた。東南アジア旅行中にも連絡先の1つ、シンガポール大学東南アジア研究所気付けで、佐伯有一教授から某大学の締め切りが近いから連絡せよと電報が来ていた。2日ほどしか余裕がなく、熟慮のすえ断念した。

 帰国後の秋頃であったか、幸いにも横浜市立大学から声がかかった。助教授として来ないかという打診であり、すぐに必要な書類を出した。

 文理学部には歴史学の錚々たる著名学者が揃っていた。人文課程に日本史の遠山茂樹さん(近代史)、辻達也さん(近世史)、東洋史の小島晋治さん(中国近代史)さん、西洋近代史の大野真弓さん、それに社会課程の今井清さん(政治学・日本政治史)、国際関係過程に井上一さん(西洋古代史を兼務)と山極晃さん(米中関係を中心とする国際政治)である。

 面接では遠山さんが主に話をしたが、文理学部の構成等の説明が多く、提出した業績内容(著書1点、論文6点、共訳を含むその他4点)に関する質問は少なかった。

 のちに知ったが、当時の教員採用人事は、現在主流の公募方式はまれで、大部分が推薦方式であった。採用側の大学(学部)が人事委員会を構成し、業績(発表済の著書・論文等)・年齢等を一覧した候補者リストを作成、主な業績を査読して候補者を2~3人に絞った後に本人に打診、面接を行い、その結果を教授会にかけて採否を決めていた。(続く)

夏の月

 異常気象、温暖化が言われる。とくに局地的な予報が難しい。梅雨の最中の7月15日(金曜)昼、三溪園では一天にわかにかき曇り、猛烈な雨に襲われた。テレビ報道によれば、横浜市中区が1時間に81ミリという記録的な短時間大雨であった。

 この日、三溪園保存整備の「頭脳であり心臓である」整備委員会(委員長は尼﨑博正京都造形大学教授)が2時から開催の予定であったが、鉄道の運休・遅延と道路の閉鎖・渋滞で委員がそろわず、待つ間、順番を変えて、昨年度に実施した整備事業の確認を行った。

 本委員会は整備事業の計画を立てると同時に、施工事業の結果を点検する「現場確認」を重要な仕事の一つとしている。小降りになったので繰り出し、内苑の茶室・蓮華院わきの小道を登るや、異様な音とともに左手の斜面から小道を突っ切って奔る濁流にぶつかった。

 耐震工事を終えたばかりの春草廬(重要文化財)の前面が水浸しになっている。建物に被害はなかったが、水をうまく逃す工夫が必要である。また害獣(アライグマ等)の被害も発生、その対策と駆除にいまも追われている。

 7月16日(土曜)から早朝観蓮会が始まり(8月7日までの土・日・祝のみ)、過去最多の来園者を記録した。異常気象のせいかは不明だが、蓮の成長も例年と違い、見上げる高さである。緑一色の茎と葉の広原に、紅色の花弁と黄色の花托(花舟)が見え隠れする景色も一興である。

 ちなみに朝顔展が8月5日(金曜)~9日(火曜)に開催される。また8月11日(木曜・祝日)から16日までは「三溪園で楽しむ夏休み」が行われ、鶴翔閣(横浜市指定有形文化財)が公開される。

 ようやく7月28日、平年より1週間、昨年より18日も遅く、気象庁が関東甲信の梅雨明けを発表した。さっそく目を射る太陽と、ここぞとばかりの蝉の声。今年は熱帯のスコールのような雨が襲来、数十分で上がる現象も見られる。熱中症予防情報も恒常化している。

 暑さが一段落する夕方には、涼を楽しみたい。その視覚的な象徴が月で、「夏の月」は季語にもなっている。これを題名に、三溪記念館の展示「三溪の絵画-夏の月-」が始まった(8月16日(火曜)まで)。

 原三溪(1868~1939年)は、周知の通り生糸等を扱う貿易商として日本経済(とくに輸出)を牽引する実業家であり、また茶人であり、優れた古美術の収集や画家への支援等を行うとともに、自らも書画を嗜み、多くの作品を残した。

 三溪自作の書画を中心とする展示は、三溪記念館で今年度は9回行われ(清水緑学芸員が担当)、その一覧はパンフレット「花と行事」に掲載している。今回の「夏の月」は、三溪自筆の絵画と調度品、それに三溪園ゆかりの画家、牛田雞村と小茂田青樹等の作品を展示している。

 第1展示室には、三溪の墨画淡彩の掛軸6点が並ぶ。うち下記の3点がとくに強く印象に残る。

 「夏の夕ぐれ」(昭和5年=1930年、三溪62歳)は農家の庭らしい一角、夕刻であろう、露天風呂に入る父親とおぼしき人に、柱に抱きつくようにして子どもが話しかけている(ように見える)横長の絵(縦33×横66㎝)である。ほのぼのとして既視感がある。

 「釣鐘温泉」(1934年、三溪66歳)は、十二指腸潰瘍の療養に訪れた黒部峡谷を勇壮に描く(91×55㎝)。筆運びの力強さは、病が癒えつつあるためか、それとも闘病への強い決意のゆえか。

 「蓮華図」(1937年、三溪69歳)は、大ぶりな縦長の掛軸(146×57㎝)で、茶友・松永耳庵に贈った絹本着色(なお他は紙本)の秀作である。緑青で蓮の葉と茎を描き、中央に大きく白色の花を配す。全体に淡い色つかいで、楚々とした風情がある。この2年後、三溪は他界する。

 第2展示室には、月華殿(重要文化財)の障壁画、原家の調度(円卓、椅子、卓子)と三溪の描く椅子の設計図(古美術商の今村甚吉宛書簡)、小茂田青樹(おもだ せいじゅ、1891~1933年)の紙本着色「蓮華」等がある。

 月華殿障壁画は、海北友松(かいほう ゆうしょう、1533~1615年)の作と伝えられる「檜扇図」と「竹図」。月華殿はもと家康の京都伏見城内の大名控え所と伝えられ、のち三室戸寺金蔵院に移り、大正7(1918)年に三溪園に移築された。友松は宋元画の影響を受け、鋭く力のこもった描線と省略の多い画法(減筆法)を得意とする。

 小茂田の「蓮華」(大正13=1924年)は、濃い桃色の花弁に黄色の花托(現在の原始蓮に近い)を描き、三溪の愛した白蓮と好一対をなす。

 第3展示室では、牛田雞村(うしだ けいそん、1890~1976年)の没後40年を記念して、絵やスケッチブック等の計11点を特集している。雞村は横浜生まれの日本画家、17歳で松本楓湖の安雅堂画塾に入門、同門の今村紫紅らとともに研鑽を積む一方で、英語に親しみ商業学校を卒業後、市内の外資系石油会社に勤めた。三溪の長男・善一郎と小学校が同じという縁もあり、大正の初め頃から原家の支援を受ける。戦前は日本美術院で活躍、戦後は画壇を離れ、還暦の頃から京舞の舞台美術に専念した。

 今回の展示では、とくに大正6(1917)年の「朝鮮旅行日記」と「朝鮮旅行スケッチ」や紙本墨書の軸「朝鮮風俗」が、歴史民俗資料としても興味深い。

 梅雨明けとともに各地で納涼花火大会が始まった。遠くに花火の音を聞きつつ、静かに夏の月で涼をとるのも悪くない。
プロフィール

Author:加藤 祐三
日本の歴史学者

横浜 市立大学名誉教授

国指定名勝・三渓園(横浜)
園長

・前都留文科大学長
(2010~2014)

・元横浜市立大学長
(1998~2002)

主な著書
「イギリスとアジア」
         (1980年)
「黒船前後の世界」(1985年)
「東アジアの近代」(1985年)
「地球文明の場へ」(1992年)
「幕末外交と開国」(2012年)
蒋豊訳「黒船異変」(2014年)
蒋豊訳「東亜近代史」
         (2015年)

 など

専門
・近代アジア史
・文明史

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カテゴリ
QRコード
QR